どうしても欲しい限定アイテムのためにお金を借りました

お金を借りる時は計画的に

大人になると自らの力で生きていかなければなりません。

 

その為に一生懸命に働いてお給料を貰って家賃や公共料金などを支払っていかなければならないのです。

 

しかし人生何があるか分かりません。

 

自分が病気にかかってしまった場合や家族が病気にかかってしまった時は急な出費が出てくるものです。

 

そういった時に貯金があれば問題はありませんが、そんな都合良く貯金が貯まっていないというのが殆どだと思います。

 

そこでお金に困った人がする行動はお金を借りるということです。

 

お金を借りるには幾つかのパターンがあり、友人や知人もしくは親戚などから借りたりもします。

 

しかし簡単には借りられないのも良くあるパターンです。

 

従って消費者金融からお金を借りるということも考えておかなければなりません。

 

消費者金融から借りるということは消費者金融も一つの会社なので利益を得なければならないので、利息というものを利用者から支払ってもらいます。

 

つまり十万円お金を借りるから後で十万円だけを返すということでなく利息分も含めた金額を支払わないといけないのです。

 

消費者金融でお金を借りるときはしっかりと計画性を持って借りるようにしましょう。

 

それができれば絶対にその人の役に立つでしょう。

借金嫌いがキャッシングした話

 

基本的に借金は嫌いです。

 

まず、利息を払うことが我慢できません。

 

物を買ってそれに対する対価を払うことについては何とも思いませんが、無形の、それもただ「余っている」お金を借りただけなのに、それについてお金を使う、ということが自分としては非常にむだな気がします。

 

また、基本的に私は「分相応」というのが、正しい、失敗しない大人の「生きていく術」だと思います。

 

具体的には、次付きの収入をベースに生活設計をするということです。

 

収入の範囲で、食費や趣味のお金や家賃を計算し、その中でやりくりする、ということです。

 

大きなものがほしい時にはその中から少しづつ貯金して、そうして計画通り貯まったら購入するということです。

 

借金をするということはその「分相応」ということができていないということだと思います。

 

さらには、借金することに対する「怖さ」があります。

 

借金をして収入以上のお金を使ってしまうと、それが生活の基本になってしまい、最終的には生活が破たんしてしまうのではないか、という怖さです。

 

そういうことがあって、借金はずっとして来ませんでしたが、しかしこの間、ついにキャッシングをしてしまいました。

 

週末に彼女とのデートがあることを忘れていて、土曜日に財布の中を見ると、数千円しかありませんでした。

 

もっと親しい彼女なら、お金がないから家でDVDを見ようなどと言えますが、まだそこまでの関係ではありません。

 

銀行にも、ちょうど大きなものを買ったばかりで、そして給料日が月曜だったので、これもまた数千円しかありません。

 

クレジットカードはありますが、現金しか使えない店もあるので、それだけでは心細いです。

 

そこで、日曜の朝にATMでクレジットカードのキャッシングを3万円しました。

 

これで人生が変わるかもと思って緊張しました。

 

そして、無事にデートを終え、月曜日に振り込まれた給料ですぐに返済しました。

 

終わってみると、なんということはありませんでした。

 

利息も取られましたが、15年くらいでした。

 

これなら銀行のATMで土日に引き出す手数料よりも安いです。

 

この経験で少し借金に対する意識が変わったようにも思います。

彼氏におかねを借りました

 

五歳年上の彼氏がいます。

 

彼氏にお金を借りたのです。

 

それは私の住む部屋の家賃が払えなくて仕方がなかったのです。

 

私はお金がありません。

 

でも彼氏はとてもお金持ちなのです。

 

お金を貸してほしいと言った時も、そうでした。

 

五万円借りたかっただけなのに、なんと二十万円も貸してくれたのです。

 

返さなくてもいいと言われました。

 

そんなわけにはいきませんが、そう言われてとても嬉しかったのです。

 

でもそれから彼氏は変わりました。

 

私にいろいろと強要するようになったのです。

 

ダメだと言っても私の部屋に来ます。

 

家賃を貸してやったんだから、と言ってはやってくるのです。

 

そして命令までされるようになりました。

 

私は彼氏が嫌いになったのです。

 

でも別れる事はできません。

 

苦しんでいる時に彼氏は私を助けてくれたのです。

 

だから何があっても、彼氏と別れるなんてできないのです。

 

私は彼氏に逆らう事もできないのです。

 

でも二十万円を返す事もできずに、とても辛い思いをしています。

 

彼氏の事は好きだったけれど、お金がからむとこうなってしまうのです。

 

私があの時、お金を借りなかったらよかったのです。

 

無理してでも、何とか工面していればよかったのです。

 

だから彼氏を変えてしまったのでしょう。

お金を借りる事に抵抗が無くなりました

 

私は以前はお金を借りる事に対して、否定的な立場に居たのです。

 

なぜなら私の両親が借金をしないで頑張って来たので、それを見て育った私も、借金をしないで頑張って行こうと思うようになったのです。

 

ですから学校を卒業して独り立ちしてからは、一生懸命働いて節約をして、借金をしない様にと心がけてやってきました。

 

しかし新入社員の給料などたかが知れていますので、徐々に生活が苦しくなって来てしまったのです。

 

初めの頃は少しばかりの蓄えがあったから何とかなりましたが、次第にそのお金も底を付くようになってしまい、にっちもさっちも行かない状況になってしまいました。

 

もうここまで来たら仕方がないと思うようになり、信念を曲げてお金を借りる事にしたのです。

 

消費者金融で必要最小限のお金を借りて、足りない生活費に充てたのです。

 

そのおかげで何とか人間らしい生活を保つことができ、私は窮地を脱する事が出来ました。

 

私はこの一回の借金により、お金を借りる事に対しての抵抗が無くなり、その後はお金が足りない時には我慢をしないでお金を借りるようになったのです。

 

今ではお金がピンチになると、あたかも銀行からお金を引き出すかのように借金をするようになり、ピンチを乗り越えています。

 

借金は悪い事ではなく、正しく使えば自分を助けてくれる、良い物と考えるようになりました。